PR

ニュース 政治

【民進・希望合流】台湾で注目集まる 与党「民進党」から野党「国民党」への名称変更で

Messenger

 【台北共同】台湾メディアは25日、日本の民進党と希望の党が結成する新党の名称が国民民主党に決まったことを報じた。通称は「国民党」になるとされており、台湾の与党、民主進歩党(民進党)と同名の政党から台湾の最大野党と同名に変わることが注目を集めた。

 25日付の蘋果日報は「民進党が合併して国民党に」の見出しで報道。台湾では国民党と民進党の対立が長年続いてきた。

 2016年3月に民主党と維新の党が合流した新党が「民進党」となった際も注目を集め、台湾の民進党は「同名の政党ができたことで親しみが深まる」と歓迎していた。

 台湾では16年1月の選挙で野党に転落した国民党は勢いがなく、インターネット上には「日本の民進党は台湾の国民党のようにならないよう注意して」といった書き込みも見られた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ