産経ニュース

【民進・希望合流】うごめく反合流派…衆参ともに野党第1党獲得に暗雲

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民進・希望合流】
うごめく反合流派…衆参ともに野党第1党獲得に暗雲

新党協議会に臨む希望の党・玉木雄一郎代表(中央左)と民進党・大塚耕平代表(同右)=24日午後、国会内(春名中撮影) 新党協議会に臨む希望の党・玉木雄一郎代表(中央左)と民進党・大塚耕平代表(同右)=24日午後、国会内(春名中撮影)

 民進党と希望の党が24日、新党「国民民主党」を結党することで合意した。ただ、「衆参野党第一党」という目標達成には黄信号がともる。衆院では、民進党ベテランを中心に新党不参加が相次ぐとみられ、野党第一党・立憲民主党の54人に届くことは困難な情勢だ。参院でも、民進党の新党不参加者が立憲民主党と会派を組み、新党から野党第一党の座を奪う構想がくすぶる。

 両党所属議員計107人のうち、新党不参加者は少なくとも二十数人、多い場合は三十数人にのぼるとみられる。衆院では、民進党の中川正春元文部科学相、江田憲司元代表代行らが新党に加わらない方向で、野党第一党になる可能性は極めて低い。岡田克也常任顧問も不参加に傾いている。

 岡田氏らは民進、希望2党の合流では立憲民主党を含む幅広い結集につながらないと考え、新党構想に距離を置いてきた。岡田氏周辺は「岡田氏は無所属になってフリーハンドを得て、一段階上の連携軸を作ろうとしている」と明かす。

 参院では新党が野党第一党になる公算が大きいが、流動的な側面もある。岡田氏に近い民進党の芝博一参院議員らが、新党に参加せず無所属となって立憲民主党と会派を結成することを模索しているからだ。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング