PR

ニュース 政治

民進党の小西洋之氏と幹部自衛官の主張に食い違い 「『国民の敵』と言ってない」防衛省が中間報告

小野寺五典防衛相
Messenger

 防衛省は24日、民進党の小西洋之参院議員が防衛省統合幕僚監部の3等空佐から罵倒された問題に関する調査の中間報告を発表した。小西氏は「お前は国民の敵だ」などと罵声を浴びたと語っているのに対し、3佐は「国民の敵」という言葉は発言していないと述べており、両者の主張には食い違いが生じている。防衛省は引き続き調査を継続し、3佐の処分などを決める方針だ。

 防衛省によると、統幕指揮通信部に所属する3佐は16日夜、帰宅後にランニングをしていた際、参院議員会館前(東京都千代田区)の路上で小西氏と口論となり不適切な発言を浴びせた。小西氏は17日の参院外交防衛委員会で、3佐から「『お前は国民の敵だ』と繰り返し罵声を浴びた」と明かした。

 ただ、3佐は防衛省の調査に対し、「国民の敵」とは言っていないと一貫して否定している。一方で、小西氏に「国益を損なうようなことをしている」「気持ち悪い」「ばか」という不適切な言葉を使ったことは認めており、深く反省しているという。

 小野寺五典(いつのり)防衛相は24日の記者会見で「国民の代表である国会議員に対して現職自衛官が暴言を吐いて不快な思いをさせたことについてはおわび申し上げる」と重ねて陳謝し、厳正に対処する考えを示した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ