PR

ニュース 政治

石破茂氏「政策に親和性あるなら連携しない方がおかしい」 竹下派、岸田派との連携に含み

自民党の三原朝彦衆院議員(福岡9区)主催の「朝食会」を終え、出席者と談笑する石破茂元幹事長(左)=23日、福岡市博多区(村上智博撮影)
Messenger

 自民党の石破茂元幹事長は23日夜のBS11番組で、9月の総裁選で竹下派(平成研究会)と岸田派(宏池会)と連携する可能性について「政策が似通い親和性があれば、連携しない方がおかしい」と含みを持たせた。

 財務省の決済文書改竄(かいざん)や福田淳一事務次官のセクハラ問題に関しては「一般社会と感覚がずれてきている。危機管理の初動体制としては、実にまずかった」と同省の対応を批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ