PR

ニュース 政治

【産経・FNN合同世論調査】次の総裁、石破茂氏首位 首相3位も自民支持層ではトップ維持

次の総裁で支持1位となった石破茂氏
Messenger

 産経新聞社とFNNによる合同世論調査で、9月の自民党総裁選に向けて次期総裁にふさわしい人物を聞いたところ、石破茂元幹事長が25・7%と首位に返り咲いた。次いで小泉進次郎筆頭副幹事長が24・4%、3月の前回調査でトップだった安倍晋三首相(自民党総裁)は20・9%と3位に転落した。

 首相は前回調査よりも9・1ポイント落ち込み、2・9ポイントと小幅な減少にとどまった石破氏に逆転を許した。財務省の文書改竄(かいざん)やセクハラ問題などが響いたとみられる。4位以下は岸田文雄政調会長8・2%、野田聖子総務相3・5%-の順となった。

 自民党支持層に限れば、首相が46・1%とトップを堅持した。前回調査から10・1ポイント減らしたが、17・2%の小泉氏、16・9%の石破氏を引き離し、底堅さがうかがえる。2月に大阪市で開いた政治資金パーティーで1千人以上を集めた石破氏率いる石破派(水月会)に対抗し、首相は13日、公務の合間を縫って党大阪府連の会合に出席した。調査の自民党支持層が必ずしも総裁選をにらんだ党員票の動向に直結するわけではないが、今後は支持拡大に向けた党員票争奪戦が激化しそうだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ