産経ニュース

【産経・FNN合同世論調査】麻生太郎氏「辞任不要」上回る 野党支持率低調「喚問・辞任圧力」に冷めた視線

ニュース 政治

記事詳細

更新

【産経・FNN合同世論調査】
麻生太郎氏「辞任不要」上回る 野党支持率低調「喚問・辞任圧力」に冷めた視線

麻生太郎副総理兼財務相 麻生太郎副総理兼財務相

 野党の「喚問・辞任圧力」が理解を得られていない状況は政党支持率にも表れている。安倍晋三内閣の支持率が落ち込んでいるにもかかわらず、自民党の支持率は3月の前回調査比0・6ポイント増の36・0%だった。政権へのダメージが与党の支持率低下につながらないのは、野党への期待感の乏しさの証左といえる。

 野党の支持率をみると、13・8%の立憲民主党を除いて軒並み低空飛行が続く。野党6党の支持率を足し合わせても20・9%で、自民党に遠く及ばない。

 野党の足元を見透かすかのように、衆院議院運営委員会の古屋圭司委員長(自民)は23日の理事会で、24日に衆院本会議を開催し、民法改正案などの趣旨説明と質疑を行う日程を職権で決めた。

 与党は、衆参両院の予算委員会で26日に集中審議を開き、野党の求めがあれば柳瀬氏らを参考人招致する構えだが、野党側は日程協議さえ拒否している。

 反発を強める野党6党は24日の本会議を欠席する構えだが、「徹底抗戦」が世論に響くかは見通せない。

このニュースの写真

  • 麻生太郎氏「辞任不要」上回る 野党支持率低調「喚問・辞任圧力」に冷めた視線

「ニュース」のランキング