PR

ニュース 政治

【財務次官セクハラ疑惑】熊谷俊人千葉市長、ツイッターなどで持論展開

熊谷俊人千葉市長(戸加里真司撮影)
Messenger

 テレビ朝日女性社員に対する財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑に関し、千葉市の熊谷俊人市長は、インターネット上のSNS(会員制交流サービス)で持論を展開した。

 テレビ朝日は19日未明、自社の女性社員が福田次官からセクハラ被害を受けたと発表。女性は1年半ほど前から、福田次官と1対1で複数会食する機会があり、そのたびにセクハラ発言を受けていたという。

 これを受け、熊谷市長は19日、自身のフェイスブックを更新。「セクハラ発言の有無を抜きに、異性の記者と1対1で会う時点で脇が甘すぎると言わざるを得ません」とした上で、「私は女性記者とは絶対に二人きりで会食しませんし、女性の政治家とも極力二人きりで食事はしないようにしています」などと書き込んだ。

 現職の市長として、日ごろ多くのマスコミと接している人物の投稿に対し、ツイッターなどでは多くの声が寄せられた。

 賛同意見が多数を占めたが、「『記者が男性なら一対一で会うけど女性なら会わない』のであれば、それも性差別だと思いませんか?」「改めるのはセクハラする“個人”であって『ルール』じゃない」「お互いに緊張感を持って押し引きをするべきです。それが深夜だろうが一対一だろうが」などのツイートもあった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ