PR

ニュース 政治

【日米首脳会談】新たな貿易協議の開始で合意

18日、米フロリダ州パームビーチで、日米首脳会談後の共同記者会見で握手を交わす安倍晋三首相とトランプ米大統領(AP)
Messenger

 【パームビーチ=田北真樹子】安倍晋三首相は18日午後(日本時間19日未明)、米フロリダ州パームビーチでトランプ大統領と2日目の会談を行った。両首脳は「自由で公正かつ相互的な貿易取引のための日米協議」を開始することで合意した。米国の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加が「最善」と主張する日本側と、「2国間の貿易協定がいい」との立場の米側が、隔たりを乗り越え、双方にとってメリットのある貿易のあり方を具体的に検討する。

 協議は日本側が提案。茂木敏充経済再生担当相と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が「現場指揮官」として臨む。麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領がトップを務める日米経済対話に報告する形をとる。大統領権限で貿易を制限できる米通商法301条を含め、中国を念頭に知的財産権保護に関しても協議していく方針だ。

 首相は会談後の共同記者会見で、新たな枠組みの協議について「日米双方の利益となるように日米間の貿易や投資をさらに拡大させていく。その基盤の上に公正なルールに基づく自由で開かれたインド太平洋地域の経済発展を実現する」と語った。

 トランプ氏はTPP加盟国11カ国のうち6カ国と2国間協定を結んでいるとして、日本との2国間協定に意欲を示した。ただ、「どうなるかを見極めなければならない」とも述べ、新たな日米協議の結果を待つ姿勢も見せた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ