PR

ニュース 政治

【財務次官セクハラ疑惑】「弁解の余地はない。辞任は当然」 入省同期の片山さつき氏 セクハラ被害「私は受けていない」

記者団の質問を受け、セクハラ被害「私は受けていない」と語る自民党の片山さつき政調会長代理=19日午後、参院議員会館(酒巻俊介撮影)
Messenger

 週刊誌でセクハラ疑惑を報じられた財務省の福田淳一事務次官の辞任について、昭和57年に福田氏と同期で大蔵省(当時)に入省した自民党の片山さつき政調会長代理は19日午後、国会内で記者団に対し「弁解の余地はない。辞任は当然だ」と語った。また「私に関しては福田氏からそういったことを受けたことはございません」と自身は福田氏のセクハラの被害には遭っていないと明らかにした。主なやりとりは次の通り。

 --入省同期の福田次官が辞任した

 「昨日の時点で一定の状況があり、どうみてもこれは…。セクシャルハラスメントというのは感じる相手側の問題ですから。放送局さん(テレビ朝日)の記者会見も、先ほども含めて一応、ネットでも見ましたが、(女性記者が)非常に傷ついておられるということを起こしているわけですから、もう弁解の余地はないと思います。本当にざんきに堪えないし、辞任は当然だと受け止めています」

 --入省以来福田さんとも一緒に仕事をした思うが、そうした時間の中で福田さんのセクハラにつながるような言動を見たことはあるか

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ