PR

ニュース 政治

【日米首脳会談】共同記者会見(3)完 安倍晋三首相「TPPが両国にとって最善」 トランプ大統領「2国間の貿易協定望ましい」

Messenger

 A(安倍首相)日本が取り残されていくのではないかという懸念は全く当たらないと思います。

 この2日間、トランプ大統領と、南北首脳会談が予定されている、その後、米朝首脳会談が予定されている中において、北朝鮮の問題について相当突っ込んだやりとりをいたしました。どういう方針で臨んでいくかということについてもですね、お互いに意見の一致をみたと思っています。

 そして、来る米朝首脳会談が核をはじめとする大量破壊、そしてあらゆる弾道ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題を解決に導くための歴史的な会談となることを期待しています。

 そのためにトランプ大統領と真剣かつ徹底的に話し合い、今後の方策について、完全に意見の一致を見たところであります。

 そして特に、拉致問題については今、ドナルドから説明があった通り、2人だけの会談においても、この問題についてじっくりと話をしました。昨年、大統領は拉致被害者、そして被害者家族の皆さんと話をしていただき、そして皆さんの気持ちが、大統領には伝わったと思っています。早期解決に向けて働きかけていく、との力強い発言をいただいたことを私は高く評価しております。これは大変、私たちに勇気を与える、勇気づけてくれる発言だったと思いますし、拉致被害者の家族の皆さんにとっても、大変勇気づけられる発言であったと思います。

 今後とも日米、日米韓3カ国の間で緊密に協力をして、拉致、核・ミサイルといった諸懸案の解決のために全力で取り組んでいく考えであります。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ