PR

ニュース 政治

【日米首脳会談】自由で公正な貿易の協議開始で一致 共同記者会見

共同記者会見を終えて記者団にあいさつするドナルド・トランプ米大統領(右)。左は安倍晋三首相=18日、米フロリダ州パームビーチのマール・ア・ラーゴクラブ(AP)
Messenger

 【パームビーチ=田北真樹子】訪米中の安倍晋三首相は18日午後(日本時間19日未明)、トランプ大統領とフロリダ州パームビーチで2回目の会談を行った。安倍首相はその後の共同記者会見で、トランプ氏と両国が自由で公正、かつ相互的な貿易取引のための協議を開始することで合意したことを明らかにした。

 新たな協議は日本側が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を担当する茂木敏充経済再生担当相、米側が米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が代表して行う。そのうえで、麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領がトップを務める日米経済対話に報告する形を取る。

 トランプ氏は会見で、「私はTPPに戻りたくはない。2国間の貿易協定が好ましい」と述べ、日本との自由貿易協定(FTA)の締結に意欲を示した。トランプ氏は巨額の対日貿易赤字を指摘し、日本市場の貿易障壁を問題視した。

 これに対し、安倍首相は新たな協議を通じ、「日米の貿易や投資を拡大させていく」と説明。日米のFTA交渉については「TPPが最善」として、トランプ氏と隔たりを見せた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ