PR

ニュース 政治

【日米首脳会談】トランプ米大統領「ベスト尽くす」 米朝会談で拉致提起明言 安倍晋三首相は「米のTPP参加が最善」と説得

Messenger

 【パームビーチ=田北真樹子】安倍晋三首相は17日午後(日本時間18日午前)、米南部フロリダ州パームビーチのトランプ米大統領が所有する別荘「マールアラーゴ」でトランプ氏と会談した。両首脳は、5月から6月初旬の開催が予定されている米朝首脳会談でトランプ氏が日本人拉致問題を取り上げることを確認し、トランプ氏は「日本のために最善となるようベストを尽くす」と明言した。

 首相は政府専用機で到着直後に会談に臨んだ。両首脳は北朝鮮による核・ミサイル計画の「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄」の重要性を確認し、首相は日本を射程に収める中・短距離ミサイルも廃棄すべきだとの考えを伝えた。

 両首脳は北朝鮮に対する最大限の圧力を維持していくことで一致し、トランプ氏は「北朝鮮には強い姿勢で臨む」と述べたという。首相は米朝首脳会談に関し「(日米が)圧倒的圧力をかけた成果だ。歴史的な会談となることを期待している」と語った。

 会談は最初に通訳だけを入れた「1対1」で行い、続いて谷内正太郎国家安全保障局長、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らが加わって少人数会合を開いた。首相は少人数会合の冒頭、「1対1」の会談について「ドナルド(トランプ氏)と2人きりで北朝鮮問題、経済について相当深い話ができた。非常に重要な点で認識を一致させることができた」と述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ