PR

ニュース 政治

【日米首脳会談】またも異例の厚遇 濃厚な4時間に何を話したか? トランプ米大統領「すべてうまくいってるよ!」

夕食会に臨む(左から)安倍首相、メラニア夫人、昭恵夫人、トランプ米大統領=17日、米フロリダ州パームビーチ(共同)
Messenger

 【パームビーチ=田北真樹子】安倍晋三首相は今回の訪米でもトランプ米大統領から異例の厚遇を受けた。2人だけの会談、少人数会合、安倍、トランプ両夫妻だけの夕食会、そしてゴルフ。両首脳の会談の中身はほとんど表に出ていないが、北朝鮮情勢をめぐり、腹を割ったやりとりがあったとみられる。緊迫した情勢下で日米両首脳が強い絆を国際社会に見せつけた意義は大きい。

 17日午後3時、トランプ氏は別荘「マールアラーゴ」の玄関で首相を笑顔で出迎えた。偶然にも2人は濃紺に白いストライプのおそろいのネクタイだった。

 トランプ氏「首相の訪問を歓迎する。日本はとてもとても特別な国で、とてもとても類いまれな指導者がいる」

 首相「昨年に続き、再び美しいマールアラーゴにご招待いただいたことに感謝します。2日間にわたりじっくりお話できるのを楽しみにしている」

 トランプ氏「ここはもともと、『南のホワイトハウス』として建てられたんだ。ラッキーにも俺が買えた。首脳たちは皆ここに来たがるんだ」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ