PR

ニュース 政治

【財務次官セクハラ疑惑】与党「判断遅すぎ」 法案審議促進狙うも野党は引き続き麻生太郎氏追及

辞任を表明し、頭を下げる財務省の福田淳一事務次官=18日午後、東京・霞が関
Messenger

 女性記者へのセクハラ疑惑を報じられた財務省の福田淳一事務次官が更迭されたことに対し、与党からは「判断が遅すぎた」(公明党幹部)との声が広がった。それでも与党はこれを区切りとして停滞する後半国会の審議を進めたい考えだが、野党は被害女性に名乗り出ることを求めた麻生太郎副総理兼財務相の責任などを引き続き追及する構えだ。

 「ますます緊張感をもって、この難局を乗り越えていかなくてはならない」

 自民党の二階俊博幹事長は18日夜、都内で記者団に厳しい表情でこう語った。公明党の大口善徳国対委員長も記者団に「福田氏は事務次官としてやらなければならない信頼回復や組織の立て直しが期待できないと感じたのではないか」と述べた。

 与党は、安倍晋三首相が求めていた辞任を福田氏が早期に決断しなかったばかりか、財務省の顧問弁護士を被害女性の申告窓口とするなど「世論の反発を次々買う財務省のずれた対応」(自民党幹部)に怒りを募らせていた。

 二階氏と公明党の井上義久幹事長は18日午前の会談で、福田氏がさらに説明責任を果たすよう求める考えで一致。財務省にはセクハラ疑惑の調査について被害女性に配慮した対応を求めることも申し合わせ、圧力を強めていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ