PR

ニュース 政治

新潟県の米山隆一知事「女性問題です」 涙で辞任示唆 「相手は未成年ではない」

Messenger

 米山氏は、泉田裕彦前知事の任期満了に伴う平成28年10月の知事選に共産、社民両党などの推薦を得て立候補。柏崎刈羽原発の再稼働に慎重だった泉田氏の「路線継承」を掲げ、自民、公明両党推薦の候補らを破って初当選した。

 同原発の6、7号機は昨年12月、原子力規制委員会の安全審査に合格したが、米山氏は東電福島第1原発の事故原因などに関する県独自の検証が終わらない限り、再稼働の議論はしないとの立場を堅持、「検証には2、3年かかる」と慎重な姿勢を取り続けていた。

 米山氏は任期を約2年半残している。辞任した場合、次期知事選は原発再稼働の是非を最大の争点に与野党が激突する構図になりそうだ。公選法の規定で、県選挙管理委員会が辞職の通知を受けてから50日以内に知事選が行われる。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ