PR

ニュース 政治

【財務次官セクハラ疑惑】官邸筋「次官本人を含めて聞き取り調査中」本人は16日中にコメント

福田淳一財務事務次官(宮川浩和撮影)
Messenger

  財務省の福田淳一事務次官は16日、週刊新潮で報じられた女性記者に対するセクハラ疑惑について同日中にコメントを発表する考えを明らかにした。報道以後、福田次官は一切取材に応じておらず、セクハラ発言の有無などの事実関係や今後の対応について自身の見解を示すとみられる。 官邸筋は「いま、福田氏本人を含めて聞き取り調査をしているところだ」と述べた。 

 先週発売の「週刊新潮」は、福田氏が複数の女性記者にセクハラ発言をしていたと報道。福田氏は麻生太郎財務相に対し「やりとりは定かではないが、誤解を受けることのないよう気をつけたい」と釈明していた。麻生氏は口頭で注意し、懲戒処分や調査はしない考えを示す一方で「事実ならセクハラという意味ではアウト」とも言及。与党内では自発的な辞任を求める声が強まっている。

 福田氏は、昭和57年に大蔵省(現財務省)に入省し、予算編成を担う主計局などの要職を歴任。官房長、主計局長を経て、平成29年7月に事務次官に就いた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ