産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?

南北融和に取りつかれている韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長=2月11日、ソウル(聯合=共同) 南北融和に取りつかれている韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長=2月11日、ソウル(聯合=共同)

 もっとも、日米韓vs中朝露の現構図が日米vs中朝露韓へと激変する恐れはある。文政権が北朝鮮との連邦制→統一に今以上に前のめりになり、北朝鮮に過剰配慮し、米国の軍事プレゼンス逓減を狙う近未来は否定できぬ。軍事費や部隊展開の地球規模での再配分を研究・分析中のトランプ政権は、米韓同盟順守義務より解放され、渡りに船と在韓米軍撤退を考える。米韓同盟消滅への序曲である。

 政治指導者が自らの野心を達成すべく、安全保障を利用する手法は禁じ手で、行えば国運を左右する。韓国には文氏はじめ、この手の大統領を数多輩出している。

米大統領に「軽薄男」と呼ばれた韓国大統領

 文大統領が師匠と仰ぐ盧武鉉大統領(1946~2009年)も然り。当時のジョージ・ブッシュ大統領(子)はホワイトハウス内で、大言壮語が目立つ盧大統領を「軽薄男」と呼んでいた。案の定、陸軍士官学校の卒業式(2005年)での祝辞で、米国を激高させた。

 「私たちは今後、韓(朝鮮)半島のみならず、北東アジアの平和と繁栄のため、『バランサー』の役割を果たしていく/私たちがどのような選択をするかによって、北東アジアの勢力図は変化するだろう」

続きを読む

このニュースの写真

  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?

「ニュース」のランキング