産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?

南北融和に取りつかれている韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長=2月11日、ソウル(聯合=共同) 南北融和に取りつかれている韓国の文在寅大統領(右)と北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長=2月11日、ソウル(聯合=共同)

「韓国軍だけが私の悩みだった」と語る米将軍

 韓国軍は近年、親に甘やかされて育った兵士が増加し、訓練教官は腫れ物に触るように扱うとか。民主化キャンペーンを進め、上官を「おじさん」と呼ばせるなど、上下関係が弛緩している。兵器製造過程での致命的ミスや部品の使い回しも度々で、稼働率は自衛隊では到底考えられないほど低い。

 そこにきて「北朝鮮大好き」の文政権の現出で、朝鮮半島有事において「韓国軍の作戦行動が緩慢になる」と利敵行為を危惧する米関係者は多い。文政権への情報漏洩を恐れて、韓国軍中枢への情報統制を敷いてもいる模様だ。

 韓国軍の「文化」は今も昔も変わりがないのかもしれない。後述するリッジウエイ将軍の回顧録《THE KOREAN WAR=日本語版・恒文社》は既視感満載だった。

 朝鮮戦争の戦端は朝鮮人民軍が1950年6月、当時の国境=38度線を突如越え開かれた。朝鮮人民軍の怒濤の南侵で米韓軍は最南端の釜山まで追い詰められる。9月の仁川上陸で形成が逆転、米韓軍は中朝国境に迫るが、義勇軍を装った人民解放軍が10月に参戦する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
  • 米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?

「ニュース」のランキング