産経ニュース

日中、首脳往来実現へ協力 外相会談で一致 北非核化へ緊密連携も確認

ニュース 政治

記事詳細

更新


日中、首脳往来実現へ協力 外相会談で一致 北非核化へ緊密連携も確認

会談に臨む河野外相(左)と中国の王毅国務委員兼外相=15日午後、東京都港区(代表撮影) 会談に臨む河野外相(左)と中国の王毅国務委員兼外相=15日午後、東京都港区(代表撮影)

 河野太郎外相は15日、中国の王毅国務委員兼外相と都内で会談した。両氏は5月の日中韓首脳会談にあわせた李克強首相の訪日を皮切りに、安倍晋三首相の訪中、習近平国家主席の訪日と続く首脳往来の実現へ協力する方針で一致した。

 会談後、河野氏は記者団に「首脳往来を通じて幅広い実務協力を具体化し、全面的な関係改善を進めていくことで一致した」と述べた。また「戦略的互恵関係の考えのもと(気候変動など)地球規模の課題にも、ともに取り組むことが重要だと確認した」と語った。

 会談で河野氏は、今年が日中平和友好条約締結から40周年であることを踏まえ「平和友好にふさわしい関係を再構築したい」と述べた。王氏は「関係は改善の勢いが現れている。同時に一部、複雑で敏感な要素にも直面している」と指摘し、「早期に正常発展の軌道に戻したい」と語った。

 河野氏は「東シナ海の安定なくして日中関係の真の改善はない」と提起し「関係改善を阻害しかねない事態」の再発防止を求めた。王氏は中国側の立場を主張したが、安定の重要性では合意し、偶発的な衝突を防ぐ防衛当局間の「海空連絡メカニズム」の早期運用開始も確認した。

 両氏は北朝鮮の非核化実現へ緊密に連携していく方針でも一致した。王氏は3月下旬の中朝首脳会談の内容を説明したとみられる。河野氏は拉致問題の解決へ協力を要請した。両氏は16日、貿易や投資などの課題を議論する日中ハイレベル経済対話に出席する。

このニュースの写真

  • 日中、首脳往来実現へ協力 外相会談で一致 北非核化へ緊密連携も確認

「ニュース」のランキング