PR

ニュース 政治

【シリア攻撃】安倍晋三首相、NSCで情報分析や米英仏との連携を指示 やりとり全文

米によるシリア軍事攻撃を受け、NSC(国家安全保障会議)を終えた安倍晋三首相=14日午後、首相官邸(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 政府は14日、トランプ米大統領が英国、フランスとともにシリアのアサド政権が化学兵器を使用したとして軍事攻撃をしたことを受け国家安全保障会議(NSC)を開催し、安倍晋三首相は情報分析を進め、3カ国と連携していくよう指示した。首相が首相官邸で記者団に明らかにした。安倍首相と記者団とのやりとり全文は次の通り。

 --米英仏のシリア攻撃を受け、NSCでどういった指示を出したか。この後、電話会談の予定などは

 「先ほど、(国家安全保障会議の)4大臣会合を行い、シリアの情勢について分析を致しました。化学兵器の使用は極めて非人道的であり、わが国として断じて容認することはできません。化学兵器の拡散、使用は決して絶対に許さないとの米国、そして英国、フランスの決意を日本政府として支持をいたします」

 「その上で、今回の3カ国の行動は、事態のこれ以上の悪化を防ぐための措置と理解をしております。東アジアにおいても核、生物化学兵器といった大量破壊兵器の脅威が深刻さを増しています」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ