産経ニュース

【加計学園問題】安倍晋三首相、獣医学部新設「プロセス問題ない」 「首相案件」を否定、「柳瀬氏の発言を信頼している」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【加計学園問題】
安倍晋三首相、獣医学部新設「プロセス問題ない」 「首相案件」を否定、「柳瀬氏の発言を信頼している」

衆院予算委員会集中審議で自民党の芝山昌彦氏から加計学園「首相案件」について質問され答弁する安倍晋三首相=11日午前、国会・第1委員室(春名中撮影) 衆院予算委員会集中審議で自民党の芝山昌彦氏から加計学園「首相案件」について質問され答弁する安倍晋三首相=11日午前、国会・第1委員室(春名中撮影)

 安倍晋三首相は11日の衆院予算委員会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、平成27年4月に当時の柳瀬唯夫首相秘書官(現・経済産業審議官)と面会したとする愛媛県職員作成のメモについて「県の文書なのでコメントは差し控える」と述べた。獣医学部新設に関しては「プロセスに問題はない。私から指示を受けた方もいない」と述べ、適切に認可されたことを強調した。

 メモは、27年4月2日に柳瀬氏らと首相官邸で面会したと記載。柳瀬氏が「首相案件」と述べた記述や、首相と学園の加計孝太郎理事長が会食で計画について意見交換したとうかがえる部分があった。

 首相は11日の衆院予算委で、加計氏との会食について「相談や依頼は一切なかった。獣医学部を作るなどの具体的なことは一切話していない」と述べた。

 計画を知ったのは29年1月だとする従来の答弁を維持し、27年4月時点で計画が「首相案件」だったとするメモの内容を否定した。

 首相は、柳瀬氏が愛媛県関係者らとの面会を「記憶にない」などとしていることについて「柳瀬氏の発言を元上司として信頼している」と強調。「私が意図していないことや私的なことを『首相の意向だ』と秘書官が振り回すことはあり得ない」とも語った。面会の有無について首相官邸への入館記録を調べる考えも示した。

続きを読む

「ニュース」のランキング