PR

ニュース 政治

日韓外相が会談 北朝鮮問題など協議 河野太郎外相は南北首脳会談での拉致問題提起を要請

11日、ソウルで開かれた日韓外相会談を前に、握手する河野外相(左)と康京和外相(共同)
Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国を訪問中の河野太郎外相は11日午前、韓国外務省で康京和(カン・ギョンファ)外相と会談した。会談で双方は北朝鮮の核開発問題や日韓関係について話し合った。

 会談で両外相は、北朝鮮の完全かつ検証可能で不可逆的な核放棄に向けて圧力をかけていくことで一致した。また、河野氏は、今月27日に軍事境界線がある板門店の韓国側施設で予定される南北首脳会談で、北朝鮮による拉致問題をとりあげるよう要請。拉致問題で日韓が引き続き協力していくことを確認した。

 さらに、河野氏は康氏に、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意について、「着実な実施が大切だ」とも伝えた。また、釜山の日本総領事館前で韓国の市民団体などが計画している徴用工像設置の動きについて「望ましくない」との立場を伝えた。

 河野氏は同日午後には、韓国大統領府に文在寅(ムン・ジェイン)大統領を表敬訪問。文大統領との会談でも河野氏は、南北首脳会談で日本人拉致問題を扱うよう求める見通しだ。

 河野氏の訪韓は外相就任後初めて。日本の外相の訪韓は、慰安婦問題をめぐる日韓合意が発表された2015年12月に岸田文雄外相(当時)が訪れて以来。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ