PR

ニュース 政治

是正勧告発言 東京労働局長、衆院委招致へ 公明代表が批判

Messenger

 衆院厚生労働委員会は5日の理事懇談会を開き、記者会見で不適切な発言をした厚労省東京労働局の勝田智明局長を6日の同委へ招致することを決めた。

 これに関連し、公明党の山口那津男代表は5日の中央幹事会で、勝田氏の発言について「事実関係の前提がない。権限の行使を振りかざした。非常に不適切だ」と厳しく批判した。

 一方、立憲民主など6野党は5日、勝田氏が野村不動産への特別指導に関する報道発表を記者への「プレゼント」と表現した問題について、厚生労働省からヒアリングを行った。立民の長妻昭代表代行は「人の命を冒涜(ぼうとく)する発言だ」と批判した。

 勝田氏は記者会見で「何なら皆さんの会社に行って是正勧告してもいい」と報道機関を脅すような発言をした。

 厚労省は4日、昨年12月26日と今年3月30日の会見録を開示し、プレゼント発言も問題化した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ