PR

ニュース 政治

色丹島に新水産加工工場 北方領土のロシア化示す事業に

北方四島
Messenger

 ロシア極東サハリン州は3日、事実上の管轄を続ける北方領土・色丹島に今年、2カ所の新たな水産加工工場が建設されると発表した。100億ルーブル(約185億円)の民間資金が投じられ、工場開設により820人の新規雇用が生まれるという。深まる北方領土のロシア化を示す事業となりそうだ。

 同島の斜古丹(ロシア名マロクリーリスコエ)で夏に建設が始まる工場は冷凍や冷蔵の加工物や缶詰を生産。穴澗(同クラボザボツコエ)でも10月に新工場が稼働を始めるという。

 新工場にはドイツやアイスランドの最新技術が導入されるとしている。色丹島ではロシア向けの水産加工物が生産されている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ