産経ニュース

カジノ入場料「6000円」で合意 全国3カ所に制限 自公協議が決着しIR実施法案に盛り込みへ

ニュース 政治

記事詳細

更新


カジノ入場料「6000円」で合意 全国3カ所に制限 自公協議が決着しIR実施法案に盛り込みへ

自民、公明両党が開いたIR実施法案に関する与党協議=3日午後、国会 自民、公明両党が開いたIR実施法案に関する与党協議=3日午後、国会

 自民、公明両党は3日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案に関し、日本人客のカジノ入場料を6千円とすることで合意した。与党協議はIR設置箇所数を全国3カ所とするなど全ての協議事項で決着した。政府は与党合意を盛り込んだ実施法案を国会提出し、会期中の成立を目指す。ただ、カジノ解禁をめぐっては世論や野党に慎重論があり、審議が難航する可能性もある。

 与党協議では、入場料について公明党が「シンガポール並みの約8千円」、自民党が「5千円以下」と主張し平行線が続いていたが、双方が歩み寄った。このほか、日本人のカジノへの入場回数を「週3回、月10回まで」に制限することや、カジノフロア面積をIR全体の3%以下とすることなどでも合意した。設置箇所数は「最初の認定から7年後」に追加も含めて見直すことにした。

 入場する際の本人確認と入場回数確認はマイナンバーカードを使う。政府・与党は、訪日外国人客には回数制限を設けず、入場料も課さない方針。犯罪で得たお金の出所を隠すマネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐため、入場時にパスポートで身元を確認する。

「ニュース」のランキング