PR

ニュース 政治

カジノ法案、自公両党が入場料「6000円」で合意

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案に関する与党協議に臨む自民党の岸田文雄政調会長(中央)と公明党の石田祝稔政調会(左)=3日午後、東京・永田町の衆院第二議員会館(撮影・春名中)
Messenger

 自民、公明両党は3日、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を検討する作業部会を開き、日本人のカジノ入場料を6千円とすることで合意した。与党協議が決着したことで、政府は4月中に実施法案を国会提出し、早期成立を目指す方針だ。

 自公両党はこれまでの作業部会で、カジノの設置箇所数を全国で「3カ所」とし、日本人のカジノ入場回数制限を週3回、月10回までとすることなどで合意。入場料に関しては、公明党の「シンガポール並みの約8千円」と自民党の「5千円以下」で隔たりが大きく、調整が難航していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ