PR

ニュース 政治

【政治デスクノート】先人に学ぶ好機の「明治150年」 なぜか腰が重い政府

Messenger

 首相の地元・山口県は幕末の長州藩で、後に東大の前身の東京帝大総長も務めた山川は会津藩出身。長州は新政府軍の中心で、会津は賊軍とされ、150年前に始まった戊辰戦争で激しく戦った。首相には「敵も味方も一緒になった明治の新しい国づくりに今こそ学ぼう」という思いがあったのだろう。

 ただ、敗れた側の受け止めは違う。福島県出身の政界関係者に聞いた話だが、「『先の戦争』の遺恨は拭えない」と真剣に語っていた。明治維新の評価は立場によって分かれる。「お上」が「明治の精神に学ぶことは重要だ」と訴えたところで「右に倣え」となるわけでもない。ちなみに会津藩の本拠だった福島県会津若松市が今年実施しているイベントは「戊辰150周年」の記念事業である。

× × ×

 こうした点を踏まえた上で「明治の精神」に学ぶことは大変有意義だと感じている。詳しくは3日付の産経新聞で連載が始まった「明治150年」の記事に譲るが、さまざまな取材の過程で、明治人が今後の日本のあるべき姿を確立すべく、真剣に動いていた様子が改めて分かった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ