PR

ニュース 政治

【政治デスクノート】先人に学ぶ好機の「明治150年」 なぜか腰が重い政府

施政方針演説で放送制度改革に言及した安倍晋三首相=1月22日、衆院本会議場(斎藤良雄撮影)
Messenger

 今年は1868年10月23日に明治に改元してから、ちょうど150年の節目にあたる。各地でさまざまな記念イベントが行われ、また予定されているが、政府レベルでいうと盛り上がりに欠けている。幕末から明治維新に至る経緯では「官軍」「賊軍」が激しく対立したこともあり、評価が分かれていることも影響しているのだろうか。

 政府は現時点で明治150年に関する式典を予定していない。「明治100年」だった昭和43年10月23日は東京・日本武道館で昭和天皇、皇后両陛下ご臨席の下、当時の佐藤栄作首相ら三権の長、国会議員も含め約1万人が参加した政府主催の記念式典を実施した。記念事業として国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)や国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県滑川町)なども整備した。それと比べると大きな落差がある。

 現在の政府が何もしていないわけではない。平成28年10月、「明治150年」に向けた関連施策を推進するため、内閣官房に「推進室」を設置した。施策の狙いについて「明治150年をきっかけとして、明治以降の歩みを次世代に遺(のこ)すことや、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは、大変重要なこと」と位置付けた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ