産経ニュース

安倍晋三首相訪米発表 17、18日の2日間「じっくり首脳会談」 米も発表

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相訪米発表 17、18日の2日間「じっくり首脳会談」 米も発表

 安倍晋三首相は2日の政府与党連絡会議で、トランプ米大統領と会談するため17~20日の日程で訪米すると明らかにした。会場は米南部フロリダ州にあるトランプ氏の別荘「マールアラーゴ」で、首相は「北朝鮮問題をはじめ日米の関心事項について2日間にわたり、じっくり首脳会談を行いたい」と決意を述べた。

 日米首脳会談は昨年11月のトランプ氏の来日以来、5カ月ぶり。フロリダでの会談は2度目となる。首相は5月末までに行われる米朝首脳会談に向け、トランプ氏と北朝鮮の核・ミサイル問題や拉致問題で政策のすり合わせを行う考えだ。

 首相は会議で、核・ミサイル廃棄に向けた北朝鮮への「最大限の圧力の維持」の重要性を強調。首相と面会した自民党の河井克行衆院議員によると、首相は日朝首脳会談について「焦る必要はない」と述べた。

     

 【ワシントン=加納宏幸】米ホワイトハウスは2日、日米首脳会談を17、18両日に行うとするサンダース大統領報道官の声明を発表した。米朝首脳会談を前に北朝鮮への「最大限の圧力の維持」について議論し、日米同盟の重要性を再確認するとしている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング