PR

ニュース 政治

河野太郎外相「一度見たら忘れない」書体 G20事務局発足で看板披露

G20サミット事務局の看板を掛ける河野太郎外相(右)ら=2日午後、外務省(代表撮影)
Messenger

 河野太郎外相は2日、2019年6月に大阪で開催する20カ国・地域(G20)首脳会合の事務局発足式に合わせ、自身が筆を執った「G20サミット事務局」の看板を外務省で報道陣に披露した。独特のカーブを描く書体に戸惑う記者団に対し「篆書だ。一度見たら忘れないでしょう」と述べ、胸を張った。

 事務局設置は4月1日付。大阪府、市の職員も加わり12人で発足した。河野氏は訓示で「大阪府、市と外務省は文化が違うかもしれないが、一致団結してサミットを成功させよう」と激励した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ