PR

ニュース 政治

【単刀直言】藪中三十二元外務事務次官「トランプ氏指南できるのは安倍晋三首相だけ」

Messenger

 米国は従来であれば、ちゃんとした核廃棄に向けた具体的な方策がない限り北朝鮮と会っても意味がないと言っていたが、そんなのすっ飛ばして会おうとなった。極めて異例な展開が起きている。北朝鮮は追い込まれたがゆえにそれなりの作戦を持っているが、トランプ氏は直感ですよね。

 米朝首脳会談だから大きな流れができることは間違いない。何がまとまるかはわからないが、トランプ氏は「世界一のディールメーカー(交渉役)」と言っているわけで、まとめる方向に行く公算の方が大きい。全体としての非核化に合意したと言うかもしれない。

 だが、日本にとって大問題なのは非核化の意味。ふわーっとして、その代わりこれぐらいのことはと見返りが求められる。非核化の中身が全然詰まらなくて、何のことはない、経済協力だけがスタートする。これは日本にとって最悪だ。

 日本にすれば拉致問題がある。トランプ氏にお願いするのもいいけど最後は日朝間の話になる。日朝首脳会談は米朝が動くタイミングを見極めてすぱっとやる。今からお願いお願いなんて言ったら、足元みられますからね。ただ、核・ミサイル問題が前へ進んでいるという状況でないと北朝鮮も出てこない。

 私が日朝交渉を担当するようになって、拉致問題だから席を立つということはなくなりましたね。「これは解決済み」というたぐいのことは言ってきますよ。そういうことであれば日本から一銭も出ないし、もうちょっとやろうということですが、そういうときに相手の親分が判断できるか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ