PR

ニュース 政治

【単刀直言】藪中三十二元外務事務次官「トランプ氏指南できるのは安倍晋三首相だけ」

藪中三十二氏 (春名中撮影)
Messenger

 北朝鮮が1月以降、何で大転換をしたのか。間違いなく制裁が効いたわけですよ。日本もやってきた圧力強化路線は間違っていない。北朝鮮は相当局面を展開しないといけないというところまで追い詰められた。核・ミサイル開発はある程度やったというところもあるんでしょうけど。

 大転換をすると決めたらやるんですね、あの人たちは。2002(平成14)年9月17日の小泉純一郎首相と金正日(キム・ジョンイル)総書記との会談でも、そこに至るまで北朝鮮が「何とかしないといけない」と思った。金総書記は、あのときも前年に訪中しているんですね。日朝首脳会談で、それまで全然認めなかった拉致を認めて、謝罪までした。

 演出効果もあるが、北朝鮮は決めると細かいことは言わない。米韓の合同軍事演習もどうぞおやりください、南北首脳会談は板門店の韓国側でやりますよと。最も効果的なやり方で今の状況を変えるんだというメッセージを伝えようとしている。

 「非核化」という言葉も「交渉中はミサイルも撃ちません」も、自分から言っている。昔なら一個一個について「これをやるためには何をくれるか」というやり方だったが、今度はやっていない。従来のスタイルとは全然違う。

 韓国も北朝鮮もトランプ米大統領をうまく持ち上げました。韓国の訪朝団はトランプ氏に「あなたのおかげでここまで来た。金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長もあなたにぜひ会いたがっている」と。トランプ氏は舞い上がっちゃった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ