PR

ニュース 政治

安倍晋三首相の発言全文「改竄問題は膿を出し切る」「内閣支持率は一喜一憂しないが、真摯に国民の声を受け止める」

28日、2018年度予算が成立し、記者の質問に答える安倍首相=国会
Messenger

 安倍晋三首相は28日、参院本会議で平成30年度予算が成立したことを受け、国会内で記者団の取材に応じた。やりとりの全文は次の通り。

     

 --財務省の決裁文書の改竄(かいざん)問題で政府の信頼が揺らぐ中での予算の成立となりました。受け止めをお願いします

 「財務省の決裁文書書き換え問題をめぐり、国民の皆様の行政に対する信頼を揺るがす事態となったことを、行政の長として責任を痛感しております。改めて国民の皆様におわびを申し上げたいと思います。しっかりと調査を徹底し、全容を明らかにし、膿を出し切り、その上で二度とこうしたことが起こらないように組織を立て直していきたいと思っています」

 「私は今までずっと来年度予算の早期成立こそが最大の景気対策だと申し上げてまいりました。今年の春闘においては多くの企業でベースアップが行われ、さらに、その中で多くの企業が昨年を上回るペースで賃上げを行っています。速やかに予算を執行し、そして景気回復の暖かい風を小規模事業者、そして中小企業、地方にお届けをしていきたいと思っております。 また、この国会は働き方国会と申し上げてまいりました。いろんな事情を抱える皆さんにとって働きやすい日本にしていきたいと考えております。この予算の中には、介護あるいは保育を充実していく予算も入っておりますし、給付型の奨学金を拡大していく予算も入っておりますので、しっかりと充実拡大を行っていきたいと思います」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ