PR

ニュース 政治

陸自「陸上総隊」で指揮一元化へ 「水陸機動団」も新設 創隊以来の大改革

Messenger

 陸上自衛隊は27日、全国の部隊を一元的に指揮する「陸上総隊」と、離島奪還作戦の専門部隊「水陸機動団」を新設した。陸自部隊の指揮命令系統を一本化することで有事や大規模災害への機動力を高めるとともに、尖閣諸島(沖縄県石垣市)など南西諸島の防衛体制を強化する狙いがある。陸自では今回の組織改編を昭和29年の創隊以来、最大の改革と位置づけている。

 小野寺五典(いつのり)防衛相は27日の記者会見で「陸海空の自衛隊が統合運用により、全国レベルで機動的に対応すべき事態がますます想定される」と陸上総隊の必要性を強調した。

 陸上総隊は180人態勢で、司令部を朝霞駐屯地(東京都練馬区など)に置く。従来は北部、東部、西部など5方面隊がそれぞれ管轄エリアの部隊運用を担ってきたが、今後は陸上総隊が一手に担う。海空自衛隊や米軍との調整も行う。

 自衛隊の指揮命令系統をめぐっては海自は「自衛艦隊」、空自は「航空総隊」に統一されているが、陸自は各方面隊で作戦を完結できるよう指揮権を分散していた。しかし、安全保障環境の悪化や東日本大震災の経験を経たことで、陸上総隊の必要性が高まった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ