PR

ニュース 政治

【陸上】公務員ランナー・川内優輝選手のギネス認定 埼玉・久喜市が表彰「五輪も目指して」

田中暄二久喜市長(左)からスポーツ特別功労賞を受ける川内優輝選手=25日、埼玉県久喜市江面(大楽和範撮影)
Messenger

 フルマラソンを2時間20分以内で完走した回数がギネス世界記録に認定された川内優輝選手(31)が日、埼玉県久喜市から「スポーツ特別功労賞」を授与された。陸上世界選手権に3度出場するなど、市民に夢や希望などを与え、スポーツ振興に貢献したことが評価された。

 表彰式は「第3回よろこびのまち久喜マラソン」の後に行われた。暑さを苦手とする川内選手は猛暑が予想される東京五輪に出場しないつもりだが、同市の田中暄二市長から「東京オリンピック(への出場)も視野に入れては」と語りかけられ、苦笑いしていた。

 川内選手は旧鷲宮町(現久喜市)出身で、県職員として県立久喜高校に勤務している。上田清司知事は「県職員としてしっかり仕事をしながら日々練習を重ね、今回の世界記録を打ち立てたことを大変誇らしく思う」とするコメントを出した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ