PR

ニュース 政治

オスプレイ5機 千葉・木更津に 佐賀難航、暫定配備へ 防衛省 

Messenger

 このため、最初に導入される5機については木更津駐屯地に暫定的に配備する方向となった。同駐屯地には米軍が運用するオスプレイの整備拠点があることなどが決め手となった。防衛省関係者は「地元に丁寧に説明し、理解を求める必要がある」としている。必要に応じて格納庫の整備なども検討する。

 ただ、木更津は佐賀に比べて南西諸島から遠く、島(とう)嶼(しょ)攻撃など有事の際の対処が遅れる可能性もある。防衛省幹部は「佐賀と木更津では部隊展開などに数時間のロスが生じる。一刻を争う事態では致命的な差になりかねない」と語る。

 また、佐賀への配備が進まなければ、木更津配備が「固定化」してしまう可能性も残る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ