PR

ニュース 政治

【自民党大会】安倍晋三首相、憲法9条への自衛隊明記を訴え 自民党大会で「違憲論争に終止符を打つ」

第85回自民党大会 演説する安倍晋三首相・自民党総裁=25日、東京都港区(春名中撮影)
Messenger

 自民党は25日、第85回党大会を東京都内で開いた。安倍晋三首相(党総裁)は演説で、憲法9条に自衛隊の存在を明記する党の改憲案に触れ「憲法にしっかりと自衛隊を明記し、違憲論争に終止符を打とう」と呼びかけた。二階俊博幹事長は党憲法改正推進本部が9条を含む「改憲4項目」の条文素案をまとめたことを報告し、「改憲の実現を目指す」と明記した平成30年度運動方針案を採択した。

 首相は演説の冒頭で、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる財務省の決裁文書改竄問題を取り上げ「国民の行政に対する信頼を揺るがす事態となり、行政の長として責任を痛感している。深くおわび申し上げる」と陳謝した。その上で「組織を根本から立て直す。その責任を必ず果たしていく」と強調した。

 来賓として出席した公明党の山口那津男代表も「国民の声を謙虚に受け止め、丁寧に課題の解決に取り組みたい」と語った。

 これに先立ち、二階氏は党務報告で、推進本部が改憲4項目の「条文イメージ・たたき台素案」をまとめたことを説明した。これを踏まえ「衆参の憲法審査会で議論を深め、各党の意見も踏まえ、憲法改正原案を策定し、憲法改正の発議を目指す」と明言した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ