産経ニュース

【慰安婦をめぐる損賠訴訟】元朝日新聞記者、植村隆氏の記者会見詳報(1)

ニュース 政治

記事詳細

更新

【慰安婦をめぐる損賠訴訟】
元朝日新聞記者、植村隆氏の記者会見詳報(1)

3月23日、弁論後に記者会見する元朝日新聞記者の植村隆氏=札幌市の司法クラブ(杉浦美香撮影) 3月23日、弁論後に記者会見する元朝日新聞記者の植村隆氏=札幌市の司法クラブ(杉浦美香撮影)

 元朝日新聞記者の植村隆氏(59)の慰安婦記事をめぐる名誉毀損損害賠償訴訟の本人尋問後、札幌市内で23日夕、植村氏が行った記者会見の要旨は以下の通り。

  

 ■植村隆氏

 長時間傍聴取材ありがとうございました。この裁判が提訴されて以来、非常に厳しい日々を送ってきたわけですが、今日は私の本人尋問と被告の櫻井さんの尋問が行われ長時間にわたってやりとりがありました。私は、自分の記事が捏造ではない、ということを十分に尋問のなかで証明できたと思います。一方で、櫻井さんがいかに取材をせずに、(元慰安婦の金学順氏らが平成3年に東京地裁で謝罪や賠償などを求めて日本政府を提訴した際の)訴状も見ないで、訴状にないことを書いて、私が捏造記者といっている事実を皆さん、見てくださったと思います。

 この裁判は、私の名誉毀損の裁判であるだけではなく、ジャーナリスト、記者が書いた記事、それが、ある勢力が気に入らないということによって、誤った事実によって捏造よばわりされる。こういうことは皆さんにも起こりうる。私の裁判は、私だけの問題ではない。全てのジャーナリストが直面する可能性のある問題だ。そういう意味でたとえば、ずっと私の裁判を支援してくださっている、新聞労連の、新聞社の労働組合の連合体の会長の、小林委員長も来てくださっている。私の直面している問題は、実は、明日の皆さんの問題であるかもしれない。そうした関心をもって、次の期日はこれで最後です。そしていずれ判決がある。関心をもってみてもらいたい。ありがとうございました。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング