PR

ニュース 政治

【森友文書】「辛い目にあっている」来年の統一選へ懸念の声 自民全国幹事長会議

自民党の全国幹事長会議であいさつする安倍首相。右は二階幹事長=24日午後、東京・永田町の党本部
Messenger

 自民党は24日、党本部で全国幹事長会議を開き、安倍晋三首相(党総裁)が財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題で混乱を招いたことを陳謝した。改竄問題の影響で安倍内閣の支持率は急落しており、出席者からは来年の統一地方選や参院選への影響を懸念する声があがった。

 「まず冒頭、皆さまには大変ご心配をおかけしている。国民の行政に対する信頼を揺るがす事態となっており、行政の長として責任の重さを痛感している」

 首相は会議のあいさつでこう切り出し、改竄問題を謝罪。「全容を解明し、二度とこういうことが起こらないようにして、責任を果たしていく」とも述べた。

 出席者は来年の統一選を戦う地方議員が多い。大阪府連の朝倉秀実幹事長は「辛い目にあっている。次はわれわれ地方の戦いになるので、仲間が存分に戦えるように十二分な対応をしてほしい」と述べ、地方で安倍政権へのマイナスイメージが広がることに危機感をあらわにした。

 萩生田光一幹事長代行は「しっかりやります」と回答。ただ、出席者は会議後も「問題意識はみんな持っている」(茨城県連の田山東湖幹事長)、「結局しわ寄せが来るのは地方議員だ。来年に影響がないよう一日も早く責任ある解決をしてほしい」(長野県連の萩原清幹事長)などと記者団に不満を口にした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ