PR

ニュース 政治

【森友文書】安倍晋三首相が財務省の決裁文書改竄でおわび 「全容解明し、二度と起こらぬよう組織を立て直す」 全国幹事長会議のあいさつ詳報

自民党 全国幹事長会議で挨拶する安倍晋三首相・自民党総裁。右は二階俊博幹事長=24日、東京都千代田区(春名中撮影)
Messenger

 安倍晋三首相は24日午後、党本部で開催された全国幹事長会議で挨拶し、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる財務省の決裁文書改竄問題について「行政の長として責任の重さを痛感している。国民に深くおわび申し上げる」と述べた。また、憲法改正については「しっかり結果を出すため、最終的な議論を積み重ねなければならない。私たちの世代でこの課題を解決したい」と強調した。挨拶の詳報は次の通り。

  

 自民党総裁の安倍晋三です。本日はお忙しい中、全国各地域でしっかりと自民党を支えていただいている中心的存在の幹事長の皆さまにお集まりをいただいたこと、お礼を申し上げます。

 まず、財務省の決裁文書書き換え問題をめぐり、皆さまには大変ご心配をおかけしています。この問題によって、国民の皆さまの行政に対する信頼を揺るがす事態となっており、行政の長として責任の重さを痛感している。行政全般に対して最終的な責任は内閣総理大臣たる私にあります。改めて、国民の皆さまに深くおわび申し上げたいと思います。なぜこんな問題が起こったのか。徹底的に明らかにし、全容解明し、二度と起こらないように組織を根本的に立て直していく決意です。冒頭、そのことをお約束したいと思います。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ