PR

ニュース 政治

【長州「正論」懇話会】「だまされない目を養うことが大事」 ノンフィクション作家・門田隆将氏

「正論」懇話会で講演するノンフィクション作家の門田隆将氏=23日、山口県下関市(大森貴弘撮影)
Messenger

 長州「正論」懇話会の第19回講演会が23日、山口県下関市の市生涯学習プラザで開かれ、ノンフィクション作家の門田隆将氏が「激動2018年 新聞・雑誌ジャーナリズムの舞台裏」と題して講演した。

 門田氏は学校法人「森友学園」(大阪市)をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題について、報道の過熱ぶりを指摘し、「野党もマスコミもファクトをないがしろにし、印象操作であり得ない疑惑がつくられた」と批判した。

 今後、わが国を取り巻く国際情勢がより緊迫化するとした上で「テレビも雑誌も国民の命をどう守るか考えるべきだが、そんな真の役割を果たしていない。(情報過多の)『情報ビッグバン』の時代にあっては、だまされない目を養い、いかに真実の情報を自分たちの力で拾うかが大事になる」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ