PR

ニュース 政治

日米韓が防衛実務者協議 対北圧力や「瀬取り」対応の主導を確認

Messenger

 防衛省は23日、日米韓3カ国の防衛実務者協議を21、22両日に米国防省で行い、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への圧力を最大限まで高める方針で一致したと発表した。北朝鮮による公海上での密輸取引「瀬取り」への多国間の対応を、日米韓が主導し続ける方針も確認した。

 小野寺五典防衛相は23日の記者会見で「北朝鮮問題における強固な連携を示すことができた。今後も地域の平和と安全に共通の利益を有する日米韓の防衛当局間で緊密に連携したい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ