PR

ニュース 政治

東京五輪、競技会場に非常用発電機 サイバー攻撃対策全容判明

Messenger

 医療については、厚労省が内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)からの要請に応じ、東京五輪の際に、選手や大会関係者の受け入れ先となるオリンピック病院など医療機関が抱えるリスクに関する分析に協力する。また、NISCの医療分野の事務局を厚労省から、より医療現場に近い日本医師会に移し、迅速に対応できるよう体制を整える。

 水道分野では今年4月に「情報セキュリティガイドライン」を改定する予定で、情報システムに機能障害が起きた際の目標復旧時間、代替手段の確認について明記する。経産省は現在、石油・化学分野のインフラについても、サイバー攻撃に対する防御力の確認作業などを本格化させている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ