PR

ニュース 政治

【森友文書】党首討論、置き去り懸念 今国会の実施、与野党で合意していたが…

官邸に入る安倍晋三首相=20日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)
官邸に入る安倍晋三首相=20日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 与野党が今国会の開催で合意していた「党首討論」が置き去りにされそうな雲行きだ。与党側はこれまで早期実施を呼びかけていたが、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改(かい)竄(ざん)問題などの影響でトーンダウンしている。一方、少数政党が乱立する野党は時間が短い党首討論よりも、長時間にわたり政権を追及できる予算委員会を優先したいという思惑が透ける。

 党首討論は45分間で、安倍晋三首相(自民党総裁)と主要各党の党首が1対1で質疑を行う。与野党は原則月1回の開催を申し合わせているが、平成28年12月を最後に1年3カ月も開かれていない。与野党は今年1月の国対委員長会談で、開催に向けて協議を進めることを決め、与野党間の協議がいったんセットされたが、野党側が延期を求めて中止となった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ