PR

ニュース 政治

【憲法改正】自民、9条改正案から「必要最小限度の実力組織」削除で調整 党内批判を踏まえ

自民党の憲法改正推進本部の全体会合であいさつする細田本部長=15日午後、東京・永田町の党本部
Messenger

 自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は19日、憲法9条の改正案に関し、自衛隊の定義として書き込む予定にしていた「必要最小限度の実力組織」という文言を削除する方向で調整に入った。党内では、「必要最小限度」の範囲をめぐる新たな憲法解釈の論争を巻き起こしかねないとの批判が出ていた。執行部は過去の国会答弁を踏まえ、この文言がなくとも、戦力不保持を定義した9条2項と自衛隊の存在との整合性は取れると判断した。

 推進本部の細田氏や根本匠事務総長らは19日、党本部で9条改正案の取りまとめ策を協議した。出席者によると、過去の国会答弁から「『必要最小限度』と書かなくても『戦力でない』という自衛隊に関する解釈が変わるわけではない」と判断した。

 推進本部は22日に改めて全体会合を開き、「必要最小限度」の文言を削除する方針を説明したい考えだ。25日の党大会で示す憲法改正案について、細田氏への一任取り付けを目指す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ