PR

ニュース 政治

「表現慎重に」林芳正文科相注意 前川喜平前事務次官の授業内容確認、過去にも例

前川喜平・前文部科学事務次官(飯田英男撮影)
Messenger

 文部科学省の前川喜平前事務次官が名古屋市立中の授業で講演した内容を報告するよう、同省が同市教育委員会にメールで求めていたことについて、林芳正文科相は16日の閣議後記者会見で問題はなかったとの認識を示した上で「(メールが)やや誤解を招きかねず、表現はもう少し慎重でもよかった」と述べた。担当の初等中等教育局長を口頭で注意したという。

 国が個別の学校の授業内容まで調べたことに関しては「必要に応じて事実関係を確認するのは通常のことだ」と強調。保護者や学校関係者からの問い合わせを受け、学校の教育活動が法令や学習指導要領に違反する可能性がある場合に、教委に確認する例は過去にもあったと述べた。

 一方で林氏は「このような事実確認の際には教育現場に誤解が生じないよう十分留意すべきだ」とも指摘。文科省は市教委へのメールで、授業内容や目的、講師を依頼した経緯など15項目程度を問い合わせ、授業の録音データもあれば提出するよう要請していた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ