PR

ニュース 政治

野田聖子総務相、放送制度改革検討に慎重姿勢

野田聖子総務相(寺河内美奈撮影)
Messenger

 野田聖子総務相は16日午前の閣議後の記者会見で、放送の政治的公平性などを求めた放送法4条の撤廃を柱とした放送制度改革を政府が検討していることについて「一般論を言うと、放送事業者は4条を含めた放送法の枠組みの中で放送番組を編集し、重要な社会的な役割をしっかり果たしてきたと認識している」と述べ、慎重な検討が必要だとの認識を示した。

 また、野田氏は政府内での検討状況に関し「報道があったのは知っている。具体的に検討している事実は承知していない。この段階でのコメントは差し控えたいと思う」と述べ、直接的な言及は避けた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ