PR

ニュース 政治

【政界徒然草】野田聖子氏が自民党総裁選で善戦しそうなこれだけの理由 弱点は政策論議?

Messenger

 郵政民営化に反対し17年の衆院選は自民党公認が得られなかったが無所属で当選。その後離党した。18年に復党すると、自民党が政権に復帰した24年に党総務会長、昨年8月に総務相に就任した。祖父は大蔵事務次官や建設相などを務めた野田卯一元衆院議員。

 私生活では13年に鶴保庸介参院議員と「事実婚」。不妊治療を続けたが、子供に恵まれず19年に事実婚を解消した。22年に米国で卵子の提供を受けて体外受精を行い、妊娠したことを公表。23年に男児を出産し、父親である一般男性と結婚した。障害を抱える長男の成長をブログなどで積極的に綴っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ