PR

ニュース 政治

安倍晋三首相、韓国情報院長と面会 北朝鮮圧力継続を伝達へ

Messenger

 安倍晋三首相は13日午前、韓国特使団の一員として訪朝した徐薫国家情報院長と官邸で面会する。朝鮮労働党の金正恩委員長の非核化をめぐる発言内容を聴取。北朝鮮が具体的行動を取るまで、日米韓3カ国を含む国際社会が引き続き最大限の圧力をかけるべきだと伝えるとみられる。

 徐氏は12日に来日し、河野太郎外相らと東京都内で会談。日本政府は徐氏から聞き取った内容を分析し、金氏の真意を見定めたい意向だ。

 首相は徐氏に対し、国連安全保障理事会の制裁決議を受けた国際包囲網により、北朝鮮が対話攻勢に出ているとの認識を伝達する考えだ。徐氏は13日に帰国する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ