PR

ニュース 政治

【森友文書】自民・二階俊博幹事長「想像し難い」 政局流動化も

幹事長室を出て報道陣に囲まれる二階俊博自民党幹事長=12日午後、東京都千代田区(宮川浩和撮影)
Messenger

 財務省が学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書の書き換えを認めたことは、与党に深刻な衝撃を与えた。安倍晋三首相(自民党総裁)は麻生太郎副総理兼財務相を続投させる構えだが、安倍政権の支持率が急落するような事態になれば、首相が3選を目指す9月の党総裁選にも影響を及ぼしかねない。

 「想像し難いことだ。エラーというような言葉では、説明しきれない重大な問題だ」

 自民党の二階俊博幹事長は12日の党役員会後の記者会見で、今回の書き換えを強く批判した。

 ただ、自民党幹部は、書き換えは財務省理財局と近畿財務局の範囲内で行われたものとして、麻生氏の続投に理解を示している。公明党の山口那津男代表も12日、今回の書き換えについて「立法府を軽視するもので断じて許されない」と批判したが、麻生氏の進退は「求められるのは、財務省の態勢を立て直す責任をしっかり果たすことだ」と述べ、辞任論を否定した。

 麻生氏は平成24年の第2次安倍政権発足以降、内閣の要として首相を支えてきた。自民党幹部は「万一麻生氏が閣僚を辞めることになれば、安倍政権の終わりの始まりになりかねない」との懸念を示す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ